当店はプリフィックスコースをご用意いたしております

メニューをドイツ語に訳す。ていうのを引き受けました。レストランのフルコースを日本語からドイツ語へ。なんか楽しそうやん♪♪ということで、大胆かつ柔軟に引き受けちゃいましたw さあやるぞー。はじめは何でしょうねえ。んー?

「プリフィックスコース」

んんー???

始められませんでしたw さっそく英和辞書へ

prefix 「接頭辞」

………。なんじゃこりゃー。接頭辞て「不機嫌」の「不」とかやんね?「接頭辞コース」?わからん…!
先輩によるとこのメニューは「あらかじめいろんな種類の料理を選べる」らしいんです。で、いろいろ見てみると、けっこうこの名前はいろんな飲食店で使われてました。「今日の気分であらかじめチョイス」みたいな。和製レストラン英語かしらん。
ということで、そんなドイツ語知らんのでDas Gericht, dass Sie jede Speise vorziehen können「あらかじめそれぞれの料理をお選びいただけるコース」と大胆にネーミング。

そっからは昔の教科書・和独・独和・英和・ドイツ語文法・ネットありとあらゆるもん駆使して仕上げました。特にWikipediaは大活躍☆日・独・英間をぐるぐるいったりきたり…。

フカヒレスープ:Haifischflossensuppe(ハイフィッシュフローセンズッペ)
「へー。けっこうそのままやね」
 
えびとチーズの春巻き:Frühlingsrolle mit Garnele und Käse(フリューリングスロレ ミット ガルネーレ ウント ケーゼ)
「まじで!このドイツ語季節の『春』やん!」

海鮮三種ピリ辛炒め バルサミコ風味:Ausgebackenen Garnele, Tintinfisch und Kammuschel mit Balsamico(アウスゲバッケネン ガルネーレ ティンティンフィッシュ ウント カムッシェル ミット バルサミコ)
「ぎやーーー。ご、ごめんなさい」

若干はちゃめちゃになったけどおもろかったです。「イカ」ってドイツにないんやねえ。ドイツ人知らんみたいやし。。。あとけっこう料理の勉強なりました。食材とか作り方とか。フィレ肉どこや?とかバルサミコって何やねん!とかw どうしてもわからんかったんが「酢豚」!英語はsweet and sour porkなんで(まじ笑った)、それを直訳Süß und sauer Huhnにしちゃいましたw誰か教えてください!

初めてドイツ語を勉強以外に使ったかもしれん。直接じゃないけど。覚えたことを出せるってのは幸せなんやなあて実感☆むしろありがとうございましたやわ。今度からおしゃれに「プリフィックスコースで」って言おーw 
[PR]

by walkie-talkie | 2006-03-01 20:57 | Diary / Tagebuch  

<< TUFS You're beau... >>