バレンティーン

「今日はそうです、バレンタインですね。というわけで私からもプレゼント。」
テレビの女性キャスターが男性キャスターにバラを渡す。
「うわぁお、ありがとう!」
「でも今日は文化によって渡すものが違うんですよ。例えば日本に行ったらあなたチョコもらえるのよ!」
「うへえっ、それかなりすごいやん!!」

て感じで朝6時からテレビでやってました。ドイツでも今日はバレンタインデー。義務じゃないけどこっちは男の子が女の子に送るんやって。しかも赤いバラ。まあすてき。ギムナジウムでは1人の女の子に歌のプレゼントしたり、なんかろまんてっくです。

で、おれも今日は早起きしてバラを買って。。。とゆーわけでなく、朝っぱらから電車に揺られTest DaF 外国人のためのドイツ語検定試験受けてきました。読解、聴解、筆記、口頭試験の4部構成で拘束時間7時間。。。ありえん。。

しかもこの試験ものすごい規則厳しいんです。。外出は受験票を持っての10分トイレ休憩のみ。食堂立ち入り禁止。ケイタイ試験中回収。わっしゃー。

そして事件は起こりました。

読解が終わって一息、辞書を取り出したところ。。。




「だめ!!!!!それはだめです!!!」
おれの手から辞書を人間業と思えぬスピードでさらいとっていく。
「これは辞書でしょ、絶対見てはいけません!!!はい、さようなら。自宅へ帰ってください。さ よ う な ら。」



あーおれは悪魔を見た。。。



1分後。
「さっきのは公式な警告です。次回は退出です。」

はあ。。なかなかド迫力な警告ですな。久しぶりに小学生なった気分でした。

こんな感じでものすごい厳しいテストでした。。。ほんで内容もものすごい厳しい。完全にやられました。リスニング1回しか聞けんのがほんまにつらいです。口答試験は待たされすぎて集中続かず。やられたーー。


帰国前に絶対再挑戦します。
バラでも買いにいこうかしら。
[PR]

by walkie-talkie | 2007-02-15 01:28 | Diary / Tagebuch  

<< しあわせにむかって ヴァルドルフ学校講座 >>