グリーンノイズ

盛り上がってます。

地球のためにできることからひとつずつ。街を歩けば、いろんなところでいろんな人・ものが地球環境を守るために取り組んでいますね。

袋いりません、ってひとりひとりから、冷房設定は26度、っていう集団ですることまで。

ドイツ行く前と、帰ってきてからじゃほんとに増えました。びっくりするくらい。

50セントで買えた"Stofftüte(布袋)"は日本じゃ「エコバック」と呼ばれて5000円もします。こりゃ、地球環境のため、お金を惜しむとはナンタルコトか!すみません。

===

最近は広告でも積極的に環境に取り組んでいることがわかるようになりました。

買い物をすると「簡易包装に取り組んでいます。」そのかわりプレゼント包装は目をみはるような豪華ぶりでした。

電車に乗っていると「いつも環境に最も貢献している電車をご利用いただきありがとうございます。」自社をアピールしながらお客様を持ち上げ、感謝までしてしまう見事な一言です。排ガス量が一番少ないとわかったときから、突然何もなかった物が環境に貢献し始めます。

娯楽たりとも無関心ではおられぬ。パチンコ店「当店は地球環境を守るため、あえて新台入替をいたしません!!」苦渋のご決断、尊敬申し上げます!

===

今月のCOURRiER JAPONに環境メッセージについての記事がありました。

ある女性は、ビン入り牛乳は紙を使わないからエコだと思っていましたが、最近紙パックは堆肥になって軽いので、輸送や洗浄の必要なビンよりエコだと言われます。結局何がいいのかわからない、と本人。

ハイブリッドカーはその開発と製造に膨大なエネルギーが必要なので、標準エンジンの中古車を買うほうがエコだと言われた男性は、絶え間なく押し寄せる環境情報にうんざり。

環境保護に関して「執拗でうるさくて、時には矛盾する情報」がグリーン・ノイズと呼ばれていると、知りました。

===

ノイズとまではいきませんが、外を歩くとやっぱり思います。言葉はたくさん増えました。それにしては、電車は震えるくらい寒いし、どの店にいってもばっちり冷えています。OLさんの夏の必需品がひざかけだそうです。日本は、お客さん・もてなす人を一番にしますね。気持ちよくいていただくことにかけてはトップレベルだと思います。電車が冷えてないとは、カフェが冷えてないとは、ナンタルコトかっ!申し訳ございませんでした。すぐに冷房の温度を下げさせていただきます。

あーそういや盛り上がってたね、で、終わらないようにしたいです。最近は袋いりませんって言ったら感謝されるんです。むふふ。
[PR]

by walkie-talkie | 2008-08-21 03:27 | think / denken  

<< 雨の日の夜 翻訳新訳誤訳に妙訳 >>