<   2005年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

アール・デコ展

 天保山の美術館で見てきました☆アール・デコは、第一次世界大戦後の大量消費社会やグローバル化の中で生まれたデザイン様式です。機能性や合理性を「美」にデザインしていると言われます。幾何学模様やシンプルな描写なのが特徴です。ヨーロッパから世界中に広がっていくわけですが、それができるまでには逆に世界中の美術から影響をうけたそうです。日本では大正時代くらいに「モダン」と言われたものがこれにあたるわけです。
 
 前半は今言った成立までに影響を受けた世界の美術。エジプト、アフリカ、中米、中国、そして日本までもそのなかには含まれていました。ちなみに日本は漆が大きく貢献したそうで。このあたりの展示は、前フリみたいな感じでした。

 後半に入ると一気にデコワールドです。建築デザイン・日用品・家具・広告ポスターなど目を見張るものがありました。モダンという言葉がぴったりです。シンプルだけど人の目を惹きつける品々。こんなんに囲まれて暮らしたいなー。広告ポスターが一番お気に入りです。日本国有鉄道や東京地下鉄開通のポスターなど日本史でおなじみのデザインが目に掛けられるわけです。これぞモダン。

 デザインていうんは日常生活で常に触れているもんなんで、美術品とかよりも親近感が沸きます。周りにありすぎてあまり意識はしないけど、これを見に行ってデザインは「日常の芸術」だと思いました。よく買い物をするときでも、「これはちょっと高いけどデザインがいいから…」って買うときありませんか。お気に入りのブランドは何が自分のお気に入りにしたのでしょうか。そのデザインと答える場合が多いでしょう。デザインは、それひとつでモノを買ったり買わなかったり自分たちの生活の基準になり、生活を形作っているものです。単に良いデザイン・悪いデザインと二分できず、1人1人によって感じるものは違う。たくさんの人が「いいなあ」と思ったとき「流行」が生まれるのかもしれません。そして、アール・デコは1920年代に世界中の人々の心をくすぐったわけです。

 デザインのおもしろさに囲まれてきた日でした。
e0039408_21403098.jpg

e0039408_2233378.jpg

[PR]

by walkie-talkie | 2005-10-29 21:49 | see / sehen  

いやこれは

冷えるどころちゃうわ…。誰か手袋ちょうだい!!
[PR]

by walkie-talkie | 2005-10-25 05:34 | Diary / Tagebuch  

最近の思うことから

せまる季節の変わり目。朝5時にバイトに行く時かなり冷えた。まだ落ちていない月がきれい。昼間には暖かい日差しと冷たい風が同時に身体を包む。うーん秋ですなあ。

せまる留学。どこに行くのか?何をするのか?まず何からはじめるか?英語の勉強は?ハンブルグ派遣との兼ね合いは?うーんまずは来週相談会に行くことからはじめよう。

せまる間谷祭。今年も語劇に出演。友達はバンドにダンスにパン屋に映画に。準備や練習がほんまに大変そうやけど。うーんみんなほんまにかっこいいと思う。

せまる先生。「あなたドイツ語の現在完了くらいそろそろ使い分けられるようになってねえ。」「はい。」「あなたの場合相当インパクト与えて注意しとかないと。」うーん専攻語も前途多難だ。
[PR]

by walkie-talkie | 2005-10-21 23:17 | think / denken  

映画3選

最近見た映画から。

「チャーリーとチョコレート工場」 Charlie and the Chocolate Factory
ジョニーデップがきれいすぎですw 世界的に有名なチョコレート工場を経営するWilly Wonkaは世界中でたった5人の子ども達を自分の工場に招待すると発表します。Wonkaチョコレートの中にゴールデンチケットが入っていれば当たりです。で、まあその子ども達が選ばれていまだ誰も見たこともない工場に行くわけですが、子ども達は1人を除いてクセのある子ばっかり。そこにはとんでもないことが待ち受けてます。
なんか、ブラックな笑い満載でした。。爆笑はできませんがいろんなとこに皮肉った笑いが…。けど最後はすっきり終わって見ごたえありました。テーマはpricelessなことについてやと思います。見終わったら絶対チョコ食べたくなりますw
♪Willy Wonka, Willy Wonka, he's the best chocolater. Willy Wonka, Willy Wonka, everybody gives a cheers...♪

「香港国際警察」 新警察物語
ジャッキーチェン最新作の香港映画です!今回もアクション満載で楽しめます。過去に犯罪組織逮捕の突撃作戦に失敗し、そのときの部下を9人を全員殺されたチャン刑事は、酒浸りの生活を送っていました。自分を許すことができず、ひたすら落ち込む毎日を過ごすそんなとき、一人の新人巡査を名乗る警官が組織逮捕に協力するといいます。そこから逮捕に向けて動くチャン刑事。最後はハッピーエンドで終わります☆けど、初めの「失敗」が残酷すぎたから、解決しても個人的につっかえるもんがありました。。。「罪を憎んで人を憎まず」ゆー感じの話です☆

「オペラ座の怪人」 Phantom of the Opera
これは、ほんま、美しい!映像も、音楽も、ストーリーもこだわってる感があります!話は全体的にミュージカル調ですすんでいくんですが音楽とセリフと舞台がぴったりあっていてぐんぐんひきこまれます。あの有名なジャーーーーて始まる曲ですね♪わかりませんねw 自分の部屋に声だけがする「音楽の天使」に歌を教わり、オペラ座劇場の新たなスターとなったダーエは「音楽の天使」は誰かが知りたくなります。実はその天使はダーエにひそかに思いを寄せる人物であり…て感じで進んでいきます。幼馴染じみの恋人と「音楽の天使」への思いでゆれる主人公が印象的でした。ほんまうまいことリメイクできてます!
[PR]

by walkie-talkie | 2005-10-17 11:24 | see / sehen  

パーテー!

なんと、立食です!!立って食べるんです!なんてお行儀の悪い、じゃなくて、めっちゃキンチョーでした!

大阪市と姉妹都市のハンブルグ、その市長が来日しました。スピーチでいい結果が出たんで、招待され行ってきました☆★大阪市庁公館が会場で、みんなで飲んで食べてしゃべってゆーわけです。雨が降る中とことこ歩いて入り口へ・・・その後、来るわ来るわみなさん、当たり前のようにリムジンです!w 2人の市長の挨拶が続いてスタート。で、ちぐはぐなドイツ語を駆使して(たぶんできてなかったけど)ぱらぱらしゃべりました。北ドイツラジオ放送の取材者、大阪市長の関さん、あとハンブルグのSakura Prinzessin(桜姫。ミス・ハンブルグらしいです)などなど。大平光代さんもいました!

北ドイツ放送の人の話
「Osakaの人はいいねえ。ほんまフレンドリー。ね?人と人の間に溝を作らんてゆーか。気に入った!」

Mayor's Mansion, Osaka
e0039408_21271629.jpg

[PR]

by walkie-talkie | 2005-10-08 21:28 | Diary / Tagebuch  

たまには

よくクラッシックを聴くようになりました☆名クラシック100曲いいとこどりのCDがベストセラーになってるみたいで、ちょうど流れに乗ったんかな?

最近知ったこと。モーツァルトの曲は聴いてると脳が活性化されるらしいです。なんか、高い音がありきたり曲調でずっと流れることが作用するみたいで。逆にベートーベンは「運命」みたいに低い音がずっとつづいてあんまり効果はないらしいです。けっこう明るめの「第9」で有名な「歓喜の歌」も前部分3章はやっぱかなり暗いですね。科学的に証明されてるって言われるとミーハーな僕は買っちゃうわけです♪♪♪♪♪♪…んー…活性化されてる…???w 効果のほどはみなさんでお試しくださいw

お気に入り兼おすすめ♪
●Mozart "Eine kleine Nachtmusik" 「アイネ・クライネ・ナハト・ムズィーク」
活性化モーツァルトです!この曲は特に癒し効果もあるみたいで。
●Elgar "Pomp and Circumstance March" 「威風堂々」
いやーこれはテンションあがります!w イギリス第2国歌と言われる中華レトルト食品系CMの曲。
●Beethoven "O Freude, Nicht Diese Töne!" 「歓喜の歌」
交響曲第9番「合唱」です。お気に入り度は歌詞覚えるくらいの勢いw 壮大です。
[PR]

by walkie-talkie | 2005-10-04 22:32 | listen / zuhören