<   2007年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

物語はつづく。。。


e0039408_22384646.jpgベルク会場の通り。左手には各ビール醸造所ごとに区切られたビアガーデン、そしてながああく続くアトラクションと食べ物屋さん。ケバブ、クレープ、もちろんドイツパンにはさんだソーセージ!

e0039408_22413589.jpgビアガーデンによってはライブ演奏もあります。民族音楽ちっくなんからポップ、ロックまで。。。夜は人が集まって歌い踊りプチクラブ状態に。。。まったく通過できませんw

e0039408_22453250.jpgこれがドイツ一おいしいと言われる(いやそうに違いない)シュタインバッハの醸造所。これはベルク期間中だけオープンです。一杯、Eine Maß 1リットル、7ユーロ。高いけどこのビールは今だけやし、飲んでまうわー。。。

e0039408_22462921.jpg宴は続く。。。夜は席を見つけるのがもうかなり大変。みんなよろしい感じになっちゃってます。ラストオーダーは午後11時となっておりますのでご注意を。
[PR]

by walkie-talkie | 2007-05-31 23:13 | Diary / Tagebuch  

行先:ビール祭り!

まーなんや言うてますけど!

始まりました第252回Bergkirchweih、通称ベルク、エアランゲンのビール祭り!!

先生いわく、「(地ビールの)シュタインバッハでは、エアランゲン一おいしいビールが飲めます。ということはバイエルン一おいしいビールが飲めます。ということはドイツ一おいしいビールが飲めます。」笑

わが日本学Japanologieは自分含め先生と数名が開始2時間前から席とりのために参戦。4列を勝手に予約席にしちゃいました。すると、早くから待ちかねていた店員さんがなんと注文をとりに。
「もうビールいる?」
開始前にまさかのMaß1リットルジョッキ入ります。そう、ここではすべてが1リットルから。陶器のジョッキで思い思いにビールの味を楽しみます。

うんまい。。。

暑さとのどの渇きにたまらん一口でした。5時過ぎには樽開けで正式な開始が告げられ、無料の樽ビールに人々は集まり、あたりは熱気ムンムン汗もムンムンでした。政治家のシュトイバーさんはじめ有名人も集合した模様で、会場はいよいよ活気づいてきました。

途中授業のため一時会場を後に。ゼミで酔いをさましつつ、暗くなりかけた9時には行先再びベルク!夜の部は屋台や観覧車、アトラクションのネオンが光かがやき、また違った顔が。。。観覧車、はやすぎです。4倍はありあすよ?w そのぐるぐる回ってるアトラクション、ビール飲んでから乗ったらどうなるんですかw

2杯目。入れかわりでいろんな人とブラブラと話し、あっという間に消灯の12時前。もちろん人々はそんなんでおさまる様子もなく、中央通りにたむろしたり、バーに直行、そしておれはクラブへ。。。


さあて。

愉快な14日間がはじまりました。

Prost! カンパイ!
[PR]

by walkie-talkie | 2007-05-26 07:45 | Diary / Tagebuch  

もろもろつづき

今日は今日で自転車こいでました。

ちゃんと守ったで右側通行。

手信号もしましたよ?

前から車きたから

止まったんやで。

やのに対向から来たおばちゃん

ばらんすくずして言った言葉が

"Was zum Teufel!!!!! Du Arschloch!!!!"

とげだらけの言葉。 なによいったい!!!!このクソ野郎!!!!

オープンカーのにーちゃんとお互いあきれ顔

これは「自己主張」なんか。



隣人。

掃除はせんが廊下でどなりちらす。

方言きつくてほぼ何いってるかわからんけど

どなって

部屋にかえっていく。

言葉って便利やな。



なんか、打ち合わせたようにいろいろ起こるもんやね。

そっから学んだことはでかい。



残り3ヶ月。
[PR]

by walkie-talkie | 2007-05-24 06:49 | think / denken  

あいた口

Heute gab's schönes wetter.

hab mir vorgennomen mich zu sonnen.

hab mich aufm rasen geklegt.

ich sehe, dass jemand seinem buch liest.

und ich höre, dass leute miteinander reden.

plötzlich hat ein mann geschrien,


"Japaner weg!!"








was?

"Verschwinde!"


na toll.

er dachte, ich kann kein deutsch oder was?

hab schon verstanden, dass er ein bissl verrückt war.

aber die wörter

vergesse ich nie.

so stark kann die sprache sein.

so fühlt man sich, wenn man solche sache angeredet wird.



いい天気やーー。

近くの公園で日光浴がぴったりやね。

芝生のうえにねっころがって

本読んでる人がおったり

おしゃべりに花咲かせてたり

えーなー。

でもその次に聞こえてきたんは



どっかいけ日本人!











ん?

消えろ!


おいおい。。

おれがドイツ語わからんと思ったんかな?

まあちょっと変なおっさんやったけど

でもあの言葉

忘れられんやろなあ。

言葉って強い。

なるほどな。

こんな感じになるんやなー。
[PR]

by walkie-talkie | 2007-05-21 03:39 | Diary / Tagebuch  

流行ってますね黒

ちょっと前やったら、緑の剣ふりまわしてたアナキン青年が黒いマスクつけられちゃったり。

最近やったら、ピーターパーカーa.k.a.クモ男が黒いスーツ着て調子のっちゃったり。

カリビアンのジャック船長はちょっと黒くなったよーに見えたり。

ほんで。



ついにおれも黒くなりました。いや、日焼けはもうちょっとあとです。


とある町で合計4回バスに乗りました。そのうち3回はきっちりお金を払ってキップを買いました。ちょうど自分の町に帰るとき、最後の4回目、バスに乗りました。

そのとき、運悪くサイフがカバンの奥にうずめられていて、バスはそのまま発車してしまいます。めんどくさくなったので青年はカバンに手ぇつこんだままバスに揺られていました。
「まあ、2駅でおりるし、ええやろー。」
そんなこともできるドイツです。

1駅目。降りる人も乗る人もおらず通過。おっしゃ!

2駅目。よーし降りるか!3つある出入り口の真ん中に立つ青年。

ところが。



降車するために押すボタンを何回押してもドアが開きません。ドイツは降車のために自分でボタンを押してドアを開けるんです。

考える暇をあたえぬかのように低く太い声が車内に響きました。

「乗車券チェックの者が入ります!各自キップをみせて、降りる場合は前からです!」

ひげ親父が乗り込みます。

「はい、キップみせてやー。 (せまられる青年) なに持ってない!お金は?払ってない!じゃあ残念ながら20ユーロやで。今持ってるんか?。」

青年サイフを見る。

100ユーロくらいある。。。



「いや、ないっす!!!!!!!」

「そうか。ほなら振込みや。はい名前言うて~。住所は?どこの大学や?」



出るわ出るわうそはっぴゃく。


青年「(おれってクリエティバティーにあふれてるやんあはははは。)」

ひげ親父「はい。ほなら銀行行ってや。ほんなら!」

と、振込み用紙をもらってひげ親父をあとに去る青年。まあこれで罰金払わんでも足跡はつけられねぇわははははは。





しかし。

同時に来るこの感覚。


頭に浮かんだのは年金を未納であった日本の政治家有名人。

必死に弁明するあの姿。




そして。

良心の呵責に耐えられなくなった青年はまさかの方向転換…!!(映画化されたらここはスローモーション、ドラマチックな音楽が入ります)

ひげ親父にまっしぐら。

青年「いやぁ~!20ユーロ、サイフに入ってるんすっかり忘れてましたわ~!」

ひげ親父「ほんならすぐ領収書やるわな。 (笑顔で、それはそれは笑顔で、手渡して) はいよ~。」



某町Eじゃなくてよかったです。そこでは40ユーロ罰金だそうです。



そう。ドイツではこのことを「黒乗車」 Schwarzfahren といいます。


おしまい。

教訓
当たるもんは当たる。
慣れた頃に失敗する。
立つ鳥あとをにごさず
[PR]

by walkie-talkie | 2007-05-16 08:06 | Diary / Tagebuch  

忘れそうやからメモ

Code Switching
多言語話者(いわゆるバイリンガル、マルチリンガル)が、頭の中での使用言語を切り替えること。一度切り替わると、頭のなかで「考える」ために使う言葉、口のなかで話す言葉、夢のなかの言葉、そして態度・振る舞いまで同じ言語またはその言語文化のそれに統一される。幼児期にこの「切り替え」が時折うまくいかない場合があるが(母親にフランス語で話しかけられてドイツ語で答える、など)これを放置すると両方もしくは習得しうるすべての言語が「ブロークン」、つまり文法などが中途半端に終わる恐れがある。
→いつごろこのコードスイッチができあがるか?成人してから学ぶ外国語はこの原理を使えないのか?

「4つの言葉」
多言語話者が使用する言葉には4種類ある。
①家族言葉:家庭内や親類内で使う言葉
②兄弟姉妹言葉:自分の兄弟または姉妹とお互いに使う言葉
③遊び言葉:幼い頃に遊び相手と使った言葉
④環境言葉:自分が住んでいる国、地域で身につけた言葉

「強い言語」「弱い言語」
多言語話者の使用言語にはしばしば強いもの(優位言語)と、弱いもの(劣位言語)がある。例えば日本人とドイツ人を親にもつ子どもがドイツに育ち、日本語との接触が少ない場合、優位言語は環境言語であるドイツ語になると考えられる。

補助としての言語
多言語話者が「弱い言語」で話すとき、しばしば語彙の不足などから「強い言語」を補助として用いる場合がある。例えば抽象的な名詞がわからない場合、わからない言葉だけを「強い言葉」で表現する。「ドイツではみんながよく自分のAufforderung(要求)を口に出します。」
→外国語を学ぶときにも使えるか?



頭ってすごいなあ。
[PR]

by walkie-talkie | 2007-05-15 23:09 | Note / Notiz  

がっつり火曜日

時間割がやっとはっきりしたー。自分で決めるんて結構たいへんなてわかった。したいことしとくべきことのつりあいがねー。あと4ヶ月でできること??

その結果本日火曜日が鬼のように。。。

7時半起床。
この時点で低血圧のおれには拷問。。

8時。パン屋で優雅にエスプレッソ。
というわけにもいかず、出されたエスプレッソをまるでそそうしたかのように一気。目覚める。

8時15分、ゼミ Spracherwerb 言語習得
某外大某N先生(シニア)ゼミとはうってかわった雰囲気でした。グループ復習、発表、意見交換。今日気づいたけどなんでおれら英語の資料で勉強してたんやろ?w どうやら毎回自分で資料コピーせなあかんらしい。しかもドイツ語学専用図書館があったらしい(どっちも基本事項w)あしたいこ。

10時15分、ゼミ Lehrwerkanalyse ドイツ語教科書分析
クラスのほとんどが外国人てどういうことw おれももっときちんと話さんと。。。それにしても先生しゃべるんはやすぎるんですけど。文化の違いをどうやって外国語の教科書に盛り込むか?

12時、Principles of English Linguistics 英語学概論
単位とれたらいーなーw ねむすぎる。。。今日は発音のこといろいろ。閉鎖音がどうたらこうたら。まあ、日本の先生より発音については詳しいと思うなー。日本やと「昔は全然違ったんですよーあははははは」てスルーするとこを読んでくれる。さすがインドゲルマン語。

13時、友達とひるごはん
食堂のシュニッツェル(ドイツ風カツ)。あーしあわせ。

14時 Schrifitlicher Ausdruck ドイツ語:筆記表現
先生!もごもごしかきこえません!
先生!それ先週みんなで話しました!
先生!それ先週みんなで読みました!
先生!今日なにも書いてません!!

先生。来週から辞退しようと思いました。

16時 コミュニケーションとは何か?
日本学の授業。まあタイトルにこだわらない心広い授業です。うーん独日の大学の違いを実感。
ドイツの昔の大学は哲学が学問の中心でした。この哲学とは、「学問と世の中のつながりを包括的に深く考えること」であって、決して理論を追求するものだけではありません。今でも日本学、ドイツ学など語学系はPhilosophische Fakultätに属していて、これを直訳すると「哲学部」。けれども前の説明からいくと日本語の哲学とは違うものですね。どちらかというと語学は「教養」に入るけど、これだと少し「知識」だけを学ぶニュアンスが入っちゃうなーて感じました。そして、卒業論文など研究成果はささいなことでも何かの真理を徹底的につきとめることにあって、データを並べるのではありません。そして先生の結論:よって大学卒業者はしつこい性格w

18時 Ringvorlesung: Sprachwissenschaft 言語学講義
集中力も限界に。。。時計とまってるんちゃうかい?しかも今日はNamenkunde名前学。名前の機能は「個の特定(個人の名前)」「場所の特定(道の名前)」しかわかりませんでした。。これってあたりまえやんw みんな先生が言う変な名前とかで笑ってるけど。。。わからん。じゃっかんディープな授業でした。
e0039408_502839.jpg
雨のなか帰宅。買い物はあきらめました。。。

毎日が冒険
[PR]

by walkie-talkie | 2007-05-09 05:05 | Diary / Tagebuch  

祭りまであと。。。!

なんの祭りって、それは麦ジュース、飲む麦、そう、

ビール!!!


住んでいるちっちゃい大学町にいよいよ5月26日から第252回Bergkirchweih,通称ベルグがやってきます☆12日続くこのお祭りは5月のオクトーバフェストらしいです。ここにいる人、いた人が口をそろえて言う楽しい一大イベント、ここの地方の地ビールが一同にそろうそれはそれは陽気な毎日。。。毎日欠席せずに通うと「単位」がもらえるそうなw さらにこの期間の火曜日はこの町だけ祝日ですw

昨日会場に初めて行ってみると、もう準備が着々と進んでました。小高くなった森の始まりに、各ビールのブースに机とイスがずらりとならんでオープンにそなえてます。ベルグ(山)にある貯蔵所はこの期間中だけ開かれるんです。店にもこのお祭り限定ビールが並んでました。。。

いやーーーー!楽しみ!!

ひとつ開いてたビアガーデンで一足先に1リットルw まだベルグ用ビールじゃないけど、この陶器ジョッキを持った人であふれるんやろなーて思うと、勝手にみんなテンションあがってました☆

ドイツに留学でちらばってるみんな、ぜひ飲もー!!ただいま予約受付中です。宿泊はマイナス☆☆☆級(最大収容4人)のところしか提供できませんがw ぜひおいでませ。

くわしくはこちら。252. Bergkirchweih Erlangen(ドイツ語)

[PR]

by walkie-talkie | 2007-05-03 06:32 | Diary / Tagebuch