<   2008年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

いや、貴重なメッセージです。

なるほどね。 「例えば、」ある作家は続けます。「足の不自由な人が電車に乗ってきたとする。それを見て、ぱっと座席のまんなかあたりに座ってた人がゆずるために席をたつ。降り口に近い人はその空いた席のほうににつめて降り口に一番近い端の席を、今しがた乗ってきた人が降りやすいようにゆずる。これが本当の優しさというものではありませぬか。」
その場の席を立ってゆずる=「親切」という一般的な信念をさらに超えた、「優しさ」、という意味にきこえてきます。

いつからかしら。トイレの扉をノックしないんです。取っ手をこう、がちゃがちゃとやる。しばらくして、がちゃがちゃがちゃ。あとで間違って空いてるかと思ったとでも言うつもりかしらん。
多くの人の、「伝え方」が変わったんですね。それが、今までの自分の「常識の地図」に反応したのかもしれません。

うん。朝日新聞の文化面。「学生に成熟期間を。大学3年生は学生が自分の考えを一番深める時。本当にいい人材を獲得しようとするなら、企業は早期からの採用活動を始めるべきではない。」うん、なるほどね。
「学生生活で一番うちこんだことは何ですか。」
学生生活はまだ続く。自分はどんな学生?そんなことを絵に見て、行動できる人を目指します。

SPI対策。エントリーシート対策。面接対策。グループディスカッション対策。教員採用試験対策に公務員試験対策。プレゼン対策。話し方対策。マナー対策。
不安を消すために「対策」をして、さらに何が手に入るかをイメージしたいですね。

「当店は分煙しております。」禁煙席のすぐ横の席を見るとそこから喫煙席。
けむたいですね。

両腕に荷物いっぱいかかえた人が道の真ん中でずでんとやったとする。荷物がちらばる。そばにいた人がそれを拾うのは、東京より大阪の人のほうが多いんですって。うふふ。
[PR]

by walkie-talkie | 2008-03-02 21:33 | think / denken