<   2008年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

あれも文化これも文化

最近気になってる番組があります。

あの、地元にしかない食べ物や言葉や習慣を紹介しちゃうっていうバラエティー番組。巷ではなかなか体験できない、地域限定の文化をおおいに紹介しようじゃないか、という趣旨の番組です。ゴールデンタイムだということもあり、けっこうな人気だそうです。

はじめてこの番組のことを知ったとき、「おお画期的!!」と感激しました。だって、いいじゃないですか、地域性。文化ってひとつの国のなかにもいっぱいですやん。


でも。最近「おや?」と思い始めてきています。

なんか、番組の演出というか、出演者のコメントというかが、どうもひっかかってしまうんです。

「○○にしかない仰天の料理。」「大阪では○○を絶対にする。」「信じられない○○」

ときたところで出演者は口々にこう言うんです。

「エエーー。」「アリエナーイ。」「イヤゼッタイオカシイー。」


一部、地元愛の強い芸能人が「オカシイ」と言われたことに論を返しています。けれどもやっぱり感じてしまうんです。東京が中心。何かひとつの普通の標準から離れたものがこの世にはあるんですよ。知っていましたか。というように。

今は、別に東京嫌いとか地元がやっぱりいいって主張してるんじゃありません。けども、せっかくいろんな地域の文化があるのに、「エエーアリエナーイ」で終わってしまっているのが何とも残念なんです。

「仰天」って、その地域の人からすれば、子どもの頃から親しんだ普通のあれこれなんじゃないんでしょうか。ひとつの言葉が正しいか正しくないかなんか何を持って言えるんでしょうか。大阪の年配女性全員が誰かれかまわず他人に話しかけてるわけではありません。

どうも、「アリエナイ」ものが世間ではたくさんあって、それは「普通」からすると「オカシ」くて、「エエー」って言いたくなるものばかりって言いたいようにしか聞こえんのです。

なんか、かえってその地方の先入観が増えそうな気がします。

かくいう僕はこの番組を常には見てないので、大いに「先入観」かもしれませんね。


ええやんか、なんでもあったら。
[PR]

by walkie-talkie | 2008-05-24 01:34 | think / denken