流行ってますね黒

ちょっと前やったら、緑の剣ふりまわしてたアナキン青年が黒いマスクつけられちゃったり。

最近やったら、ピーターパーカーa.k.a.クモ男が黒いスーツ着て調子のっちゃったり。

カリビアンのジャック船長はちょっと黒くなったよーに見えたり。

ほんで。



ついにおれも黒くなりました。いや、日焼けはもうちょっとあとです。


とある町で合計4回バスに乗りました。そのうち3回はきっちりお金を払ってキップを買いました。ちょうど自分の町に帰るとき、最後の4回目、バスに乗りました。

そのとき、運悪くサイフがカバンの奥にうずめられていて、バスはそのまま発車してしまいます。めんどくさくなったので青年はカバンに手ぇつこんだままバスに揺られていました。
「まあ、2駅でおりるし、ええやろー。」
そんなこともできるドイツです。

1駅目。降りる人も乗る人もおらず通過。おっしゃ!

2駅目。よーし降りるか!3つある出入り口の真ん中に立つ青年。

ところが。



降車するために押すボタンを何回押してもドアが開きません。ドイツは降車のために自分でボタンを押してドアを開けるんです。

考える暇をあたえぬかのように低く太い声が車内に響きました。

「乗車券チェックの者が入ります!各自キップをみせて、降りる場合は前からです!」

ひげ親父が乗り込みます。

「はい、キップみせてやー。 (せまられる青年) なに持ってない!お金は?払ってない!じゃあ残念ながら20ユーロやで。今持ってるんか?。」

青年サイフを見る。

100ユーロくらいある。。。



「いや、ないっす!!!!!!!」

「そうか。ほなら振込みや。はい名前言うて~。住所は?どこの大学や?」



出るわ出るわうそはっぴゃく。


青年「(おれってクリエティバティーにあふれてるやんあはははは。)」

ひげ親父「はい。ほなら銀行行ってや。ほんなら!」

と、振込み用紙をもらってひげ親父をあとに去る青年。まあこれで罰金払わんでも足跡はつけられねぇわははははは。





しかし。

同時に来るこの感覚。


頭に浮かんだのは年金を未納であった日本の政治家有名人。

必死に弁明するあの姿。




そして。

良心の呵責に耐えられなくなった青年はまさかの方向転換…!!(映画化されたらここはスローモーション、ドラマチックな音楽が入ります)

ひげ親父にまっしぐら。

青年「いやぁ~!20ユーロ、サイフに入ってるんすっかり忘れてましたわ~!」

ひげ親父「ほんならすぐ領収書やるわな。 (笑顔で、それはそれは笑顔で、手渡して) はいよ~。」



某町Eじゃなくてよかったです。そこでは40ユーロ罰金だそうです。



そう。ドイツではこのことを「黒乗車」 Schwarzfahren といいます。


おしまい。

教訓
当たるもんは当たる。
慣れた頃に失敗する。
立つ鳥あとをにごさず
[PR]

# by walkie-talkie | 2007-05-16 08:06 | Diary / Tagebuch  

忘れそうやからメモ

Code Switching
多言語話者(いわゆるバイリンガル、マルチリンガル)が、頭の中での使用言語を切り替えること。一度切り替わると、頭のなかで「考える」ために使う言葉、口のなかで話す言葉、夢のなかの言葉、そして態度・振る舞いまで同じ言語またはその言語文化のそれに統一される。幼児期にこの「切り替え」が時折うまくいかない場合があるが(母親にフランス語で話しかけられてドイツ語で答える、など)これを放置すると両方もしくは習得しうるすべての言語が「ブロークン」、つまり文法などが中途半端に終わる恐れがある。
→いつごろこのコードスイッチができあがるか?成人してから学ぶ外国語はこの原理を使えないのか?

「4つの言葉」
多言語話者が使用する言葉には4種類ある。
①家族言葉:家庭内や親類内で使う言葉
②兄弟姉妹言葉:自分の兄弟または姉妹とお互いに使う言葉
③遊び言葉:幼い頃に遊び相手と使った言葉
④環境言葉:自分が住んでいる国、地域で身につけた言葉

「強い言語」「弱い言語」
多言語話者の使用言語にはしばしば強いもの(優位言語)と、弱いもの(劣位言語)がある。例えば日本人とドイツ人を親にもつ子どもがドイツに育ち、日本語との接触が少ない場合、優位言語は環境言語であるドイツ語になると考えられる。

補助としての言語
多言語話者が「弱い言語」で話すとき、しばしば語彙の不足などから「強い言語」を補助として用いる場合がある。例えば抽象的な名詞がわからない場合、わからない言葉だけを「強い言葉」で表現する。「ドイツではみんながよく自分のAufforderung(要求)を口に出します。」
→外国語を学ぶときにも使えるか?



頭ってすごいなあ。
[PR]

# by walkie-talkie | 2007-05-15 23:09 | Note / Notiz  

がっつり火曜日

時間割がやっとはっきりしたー。自分で決めるんて結構たいへんなてわかった。したいことしとくべきことのつりあいがねー。あと4ヶ月でできること??

その結果本日火曜日が鬼のように。。。

7時半起床。
この時点で低血圧のおれには拷問。。

8時。パン屋で優雅にエスプレッソ。
というわけにもいかず、出されたエスプレッソをまるでそそうしたかのように一気。目覚める。

8時15分、ゼミ Spracherwerb 言語習得
某外大某N先生(シニア)ゼミとはうってかわった雰囲気でした。グループ復習、発表、意見交換。今日気づいたけどなんでおれら英語の資料で勉強してたんやろ?w どうやら毎回自分で資料コピーせなあかんらしい。しかもドイツ語学専用図書館があったらしい(どっちも基本事項w)あしたいこ。

10時15分、ゼミ Lehrwerkanalyse ドイツ語教科書分析
クラスのほとんどが外国人てどういうことw おれももっときちんと話さんと。。。それにしても先生しゃべるんはやすぎるんですけど。文化の違いをどうやって外国語の教科書に盛り込むか?

12時、Principles of English Linguistics 英語学概論
単位とれたらいーなーw ねむすぎる。。。今日は発音のこといろいろ。閉鎖音がどうたらこうたら。まあ、日本の先生より発音については詳しいと思うなー。日本やと「昔は全然違ったんですよーあははははは」てスルーするとこを読んでくれる。さすがインドゲルマン語。

13時、友達とひるごはん
食堂のシュニッツェル(ドイツ風カツ)。あーしあわせ。

14時 Schrifitlicher Ausdruck ドイツ語:筆記表現
先生!もごもごしかきこえません!
先生!それ先週みんなで話しました!
先生!それ先週みんなで読みました!
先生!今日なにも書いてません!!

先生。来週から辞退しようと思いました。

16時 コミュニケーションとは何か?
日本学の授業。まあタイトルにこだわらない心広い授業です。うーん独日の大学の違いを実感。
ドイツの昔の大学は哲学が学問の中心でした。この哲学とは、「学問と世の中のつながりを包括的に深く考えること」であって、決して理論を追求するものだけではありません。今でも日本学、ドイツ学など語学系はPhilosophische Fakultätに属していて、これを直訳すると「哲学部」。けれども前の説明からいくと日本語の哲学とは違うものですね。どちらかというと語学は「教養」に入るけど、これだと少し「知識」だけを学ぶニュアンスが入っちゃうなーて感じました。そして、卒業論文など研究成果はささいなことでも何かの真理を徹底的につきとめることにあって、データを並べるのではありません。そして先生の結論:よって大学卒業者はしつこい性格w

18時 Ringvorlesung: Sprachwissenschaft 言語学講義
集中力も限界に。。。時計とまってるんちゃうかい?しかも今日はNamenkunde名前学。名前の機能は「個の特定(個人の名前)」「場所の特定(道の名前)」しかわかりませんでした。。これってあたりまえやんw みんな先生が言う変な名前とかで笑ってるけど。。。わからん。じゃっかんディープな授業でした。
e0039408_502839.jpg
雨のなか帰宅。買い物はあきらめました。。。

毎日が冒険
[PR]

# by walkie-talkie | 2007-05-09 05:05 | Diary / Tagebuch  

祭りまであと。。。!

なんの祭りって、それは麦ジュース、飲む麦、そう、

ビール!!!


住んでいるちっちゃい大学町にいよいよ5月26日から第252回Bergkirchweih,通称ベルグがやってきます☆12日続くこのお祭りは5月のオクトーバフェストらしいです。ここにいる人、いた人が口をそろえて言う楽しい一大イベント、ここの地方の地ビールが一同にそろうそれはそれは陽気な毎日。。。毎日欠席せずに通うと「単位」がもらえるそうなw さらにこの期間の火曜日はこの町だけ祝日ですw

昨日会場に初めて行ってみると、もう準備が着々と進んでました。小高くなった森の始まりに、各ビールのブースに机とイスがずらりとならんでオープンにそなえてます。ベルグ(山)にある貯蔵所はこの期間中だけ開かれるんです。店にもこのお祭り限定ビールが並んでました。。。

いやーーーー!楽しみ!!

ひとつ開いてたビアガーデンで一足先に1リットルw まだベルグ用ビールじゃないけど、この陶器ジョッキを持った人であふれるんやろなーて思うと、勝手にみんなテンションあがってました☆

ドイツに留学でちらばってるみんな、ぜひ飲もー!!ただいま予約受付中です。宿泊はマイナス☆☆☆級(最大収容4人)のところしか提供できませんがw ぜひおいでませ。

くわしくはこちら。252. Bergkirchweih Erlangen(ドイツ語)

[PR]

# by walkie-talkie | 2007-05-03 06:32 | Diary / Tagebuch  

オスター日記。

てゆーかごちゃごちゃな日記。たまごを隠したうさぎちゃんは出てきません。
e0039408_9314587.jpg

まずは。。。無事ドイツの大学に入るための試験に受かりましたわーー。久々に受験みたいな感覚でした。1年の留学やからはじめはそんな気合いれてなかったけど、やっぱ直前なるとあせったわね。これで晴れて正規学生。あと1ゼメしかおれんのはなんとも残念やけど。でも、次の目標も決まってたみたいに出てきて不思議な感じです。これから思うままに自然に。堅苦しい受験ドイツ語はとりあえずおいときます!

VW。フォルクスワーゲンの本拠地ヴォルフスブルグについに上陸。VWのためにできたドイツでも新人の町。そこは車の万博。車好き、フォルクスワーゲン好き、ビートル好きにはたまらんテーマパーク☆なんと日本から来ている方が完全ガイドしてくれて、豆知識相当増えました。今さらもう一回、ありがとうございます☆

西部ドイツを訪ねる旅。ケルン、マンハイム、ハイデルベルグとまわって、半年ぶりの友達、留学して知り合った友達、日本からきたばっかりの留学友達などなどと久々に再開しますた。それぞれみんな個性が光ってすてきやったわ。ひこちゃん、ラムコーラの悲劇ごめんねw 大聖堂は写真におさまらん迫力やったわ。みっちゃん、会うたびにおもろい話勉強なる話ありがとう。 まっちゃん、ますます男前なってて、なんか、内側から輝いてた感じしたで!ドイツ生活はこれからやな!

e0039408_9461497.jpgバルロイトで知り合いのコンサート。あーなんか輝くものをもって没頭してる姿はほんまに素敵。オーケストラのなかでフルートの音はまじきれいでした!

Steinbach。ドイツビールはたいていどれもおいしいけど。ここのビールを超えるもんは今だにない。いつも友達と行っていっぱい話するけど、今日はテスト自分の気分もちょっと違って、友達から貴重な意見が聞けたなあ。話すことってすごい。自分が思いもせんかったことが簡単にひょいひょい出てくる。自分で思ってることでも他人に言われると不思議と落ち着くし、逆にあせることもあるし、落ち込みもする。

明日からアウシュビッツに行きます。アウシュビッツ。ドイツの人もポーランドの人も、そこに行くって言ったら苦い感じがするそうです。負の遺産は大きいな。しっかり歴史をつかんでこよう。

フランクフルト夜景。ハイデルベルグ。
e0039408_9415039.jpge0039408_9434492.jpg
[PR]

# by walkie-talkie | 2007-04-11 09:59 | Diary / Tagebuch  

おお日本食

http://www.heute.de/ZDFde/inhalt/16/0,1872,5249136,00.html

寿司、おにぎり、納豆、わんこそば、松坂牛、そしてデパ地下。。。


友達が教えてくれた、ドイツのドキュメンタリー番組☆(リンク先右上のVIDEOをクリック。)

日本人は収入の約25パーセントを食べ物に使うそうです。
こうしてみると、食生活けっこー豊かやねえ。

けどお好み焼きにノータッチなんがなんとも残念。。。

"Versessen auf Essen"
Der Bericht am 14. März 2007 von ZDF
Dauerzeit: ca. 45 Minuten
[PR]

# by walkie-talkie | 2007-03-20 19:01 | see / sehen  

しあわせにむかって


e0039408_86981.jpgウィル・スミス親子主演、実話に基づいたある男のお話です。貧乏のどん底にあった人が努力と知恵を積み重ねて一流企業社員に抜擢されるまでのお話。成功してからの話じゃなくて、それまでの過程のお話。

もし自分がぜったいに捨てられない、人生をかけるような夢や信念を持っていたら、自分の持てるもの自分ができることすべてつぎ込みますね。そのためにできることは何でも挑戦しますね。そのときに自分がどんな状況にあっても、やってやろうと思いますね。よく、長年夢を追い続けてついに…ていう感じです。

そこにさらに、自分はどんな人か、を付け加えるてみると。自分が一人の父親だったら。自分はどうあるべきか、どんなことができるか、何をするか、すべて変わってきますね。自分が学生だったら、自分が社会人だったら、自分が夢を追いかける人だったら、自分が勉強する人だったら、自分が、、、

自分がどんな人かを意識したとき、信じるものや価値をおくもの、すること、力を発揮するものとかはぜーんぶ影響しちゃいます。逆に言うと、信念を意識すれば行動や環境は問題ではなくなり、自分がどんな人かを意識すれば信念や行動や環境は、問題ではなくなります。

映画では、いくつもの「自分」がでてきました。1人の子を持つ父親、夫、セールスマン、失業者、研修員。。。
自分はなにものか。何をするのか。何ができるのか。そんな1人の人間をたっぷり描いた感動作でした。そんなんをおれももっかい考えてみようかな。


Knopf knopf!

Wer ist da?

Allis.

Allis, wer?

Ende gut, Allis gut!
[PR]

# by walkie-talkie | 2007-02-28 08:09 | see / sehen  

バレンティーン

「今日はそうです、バレンタインですね。というわけで私からもプレゼント。」
テレビの女性キャスターが男性キャスターにバラを渡す。
「うわぁお、ありがとう!」
「でも今日は文化によって渡すものが違うんですよ。例えば日本に行ったらあなたチョコもらえるのよ!」
「うへえっ、それかなりすごいやん!!」

て感じで朝6時からテレビでやってました。ドイツでも今日はバレンタインデー。義務じゃないけどこっちは男の子が女の子に送るんやって。しかも赤いバラ。まあすてき。ギムナジウムでは1人の女の子に歌のプレゼントしたり、なんかろまんてっくです。

で、おれも今日は早起きしてバラを買って。。。とゆーわけでなく、朝っぱらから電車に揺られTest DaF 外国人のためのドイツ語検定試験受けてきました。読解、聴解、筆記、口頭試験の4部構成で拘束時間7時間。。。ありえん。。

しかもこの試験ものすごい規則厳しいんです。。外出は受験票を持っての10分トイレ休憩のみ。食堂立ち入り禁止。ケイタイ試験中回収。わっしゃー。

そして事件は起こりました。

読解が終わって一息、辞書を取り出したところ。。。




「だめ!!!!!それはだめです!!!」
おれの手から辞書を人間業と思えぬスピードでさらいとっていく。
「これは辞書でしょ、絶対見てはいけません!!!はい、さようなら。自宅へ帰ってください。さ よ う な ら。」



あーおれは悪魔を見た。。。



1分後。
「さっきのは公式な警告です。次回は退出です。」

はあ。。なかなかド迫力な警告ですな。久しぶりに小学生なった気分でした。

こんな感じでものすごい厳しいテストでした。。。ほんで内容もものすごい厳しい。完全にやられました。リスニング1回しか聞けんのがほんまにつらいです。口答試験は待たされすぎて集中続かず。やられたーー。


帰国前に絶対再挑戦します。
バラでも買いにいこうかしら。
[PR]

# by walkie-talkie | 2007-02-15 01:28 | Diary / Tagebuch  

ヴァルドルフ学校講座

街にあるヴァルドルフ学校で公開講座があったんで久々に勉強熱心になって行きました。

はい、ヴァルドルフ学校てなんやねんって言う声が部屋中に響いたんで説明です。この学校はドイツで生まれた特別な制度を持つ私立学校です。日本ではシュタイナー学校の名前のほうがよく通ってるみたいです。特色は、、、

◇子どもは何事も身体で学ぶことが重要なので、従来の机に座って教科書開いての授業はほとんどなし。芸術的活動を伴い、体を使って覚える。

例えば、低学年ではアルファベットを覚えるために、自分の名前のつづりを踊って覚えます。あと、この学校に見学に行っている友達によると、なんと数学の時間でも歌を歌います。

こっからは今日の話。

なんでできたか。
①国立の学校システムが時代の変化とともに機能しなくなってきた。(3種類ある中高等学校は、本来職業別に沿って生徒は勉強できていたが、現在では大学志向が急激に増し、学校の種類は単なる成績別になってしまった。)
②非識字率の増加を食い止めるため(ドイツでは現在でも500万人の文盲の人がいる。学校ではこれは補われない。)

長所。
①国立の学校制度が小学校終了とともに3種類の学校に分かれるのに対し(この時期親は進学校のギムナジウムに入れるよう必死になる。)、ヴァルドルフ学校では一貫で教育ができる。
②アビトゥア(ギムナジウム卒業試験合格資格)も取得できる。
③学校の方針が明確なので、教師は全員協力して指導することができる。

この変わったヴァルドルフ教育学は簡潔に言うと自律心を育てるためのものだそうです。なんで、生徒は取りたくない授業はとらなくてもいいんです。で、そっから話は人間の成長過程になり、いろいろ続き、、(このへんわからんかったw) 読書の話になりました。「読む力」がこれからの教育に絶対に必要だということです。(講師のおじちゃん力む)周りに本がある環境に育った子どもは何かしら秀でたものを持つそうです。「見る」→「読む」→「理解する」→「書く」のプロセスが学習になくてはならないものなんですって。日本でもちょっと前そんなん言うてましたね。

さらにさらに話は続き、学校では「学ぶために学ぶ」教育をします。また本の話やけども、読んだ内容が自分の興味のものだったら、さらにさらにと違った本を探して学びたくなります。実際に授業では習うことをまとめた「教科書」はなく、図書館でひとつづつ調べるそうですわ。効率悪そうやなーて思ったけどこのほうが絶対身につくやろなって納得しました。こうやって自分で学ぶ姿勢を学校で学ぶと、自然に自律的な人間になるっていうまとめでした。

でも実際ドイツに来てみて、日本できいてたような「理想の学校」的な意見だけでなく、かなり手厳しい批判もかなり聞きます(例えば「自分の興味のあることしかせず、我慢や忍耐を知らず、社会的に外れた大人に育つ」など)。日本にも何校かこの学校はあるみたいやけど、実際に今の状況とそぐわないとこもあるんちゃうかなーて思ったりもします。そのへん実際に日本のヴァルドルフ学校に行ってみんとわからんけど、日本の公立学校に応用できるもんはけっこうあるなーて感じました。

もっとこんなんあったらまた行きたいわー。かじっただけやし。。まー今日は充実しとったかなあ。プチ模様替えもしたし。

シュタイナー教育(Wikipedia)
Waldorfschule (Wikipedia)
[PR]

# by walkie-talkie | 2007-02-06 09:43 | Note / Notiz  

どぅるひあいなんだー

授業が昨日無事終了しましたー。なんかあっちゅーまの3ヶ月で。次は集中1ヶ月コースがはじまります。まだまだやることいっぱい。しかし「次のゼメスターから授業料550ユーロ徴収します」とはなかなかいい根性しとりますな。なんでこのタイミングで。。。

最近の悩み。ドイツ語が壊れ始めましたw 深刻です。語順が。ジュンタックスゆーやつが。悲劇的なことになってます。先日の発言(日本語イメージ)。

雑貨屋に入って店の人が一言「何かお手伝いしましょうか?」
おれ「ぐるっ店のちょっと中と見ていいですか?(店の中ちょっとぐるっと見ていいですか)」

本屋にておれ「袋1枚おれにあげていいですか?(袋1枚いただけますか)」

絶っっ対にありえん語順で勝手に口が言いよるねん。2つ目なんか二重人格かおれ。たぶん原因は。。。フレーズごとにオウムのごとく言葉を覚えてるから、とっさになんか言うときに文を作れずそのまま口走ってしまうオウム現象(命名)。

あーーはずかし。
[PR]

# by walkie-talkie | 2007-02-01 09:15 | Diary / Tagebuch